歌手の『Uru(ウル)』ってどんな人?経歴とドラマ・アニメ主題歌まとめ

『Uru(ウル)』という歌手をご存知でしょうか?

Uru(ウル)さんはドラマの主題歌を数多く手がけ次々とヒット曲を生み出しているシンガーソングライターなのですが、

本名や年齢などのプロフィールが一切公開されておらず、

謎多き歌手として注目を集めています。

 

大物歌手に楽曲提供をしていたり、

2020年のレコ大に出演、特別賞を受賞しさらに注目されていますが、

プロフィールが非公開となると、どんな人なのか気になりますよね。

 

そんなUru(ウル)さんのこれまでの活動やデビューのきっかけや、

レコ大特別賞受賞までの道のりをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

Uru(ウル)ってどんな人?経歴まとめ

Uru(ウル)さんは本名・生年月日・出身地など詳しいプロフィールは全て非公開とされており、

謎だらけのシンガー」の異名を持っています。

 

ただ週刊誌の情報などから過去の活動についての情報がありました。

Uru(ウル)さんの事をよく知るという関係者のコメントです。

新潟県三条市出身の今年35歳になる女性で、高校卒業後、働きながらいくつかのアマチュアバンドのボーカルを担当していました。地元のバンドコンテストに出演したり、人通りの少ない地下道でPVを撮影したり、地道な活動を続けていました

2019年10月 週刊女性PRIME

 

2019年時点で「今年35歳」ということは、1984年生まれのようですね。

 

アマチュアバンド「JUNO CLOVER」

Uru(ウル)さんが地元新潟で活動していたというアマチュアバンドは「JUNO CLOVER」というバンドでした。

結成は2012年6月頃のようです。

地元を中心にライブ活動をしていました。

2013年2月に新潟市で行われた「第21回 にいがた 冬食の陣「当日座」」の野外ライブでの画像がありました。

2013年6月に新潟県五泉市で行われた「城下町村松のぼり旗祭り」を最後にUruさんは脱退したようですが、脱退宣言などもなかった為理由については不明です。

 

歌手『Uru(ウル)』は元YouTuber?

アマチュアバンドを脱退後、ソロシンガーとしてのデビューを目指すようになります。

 

Uru(ウル)さんがYouTubeで活動を始めたのは2013年

カバー楽曲の歌唱動画の配信をスタートしました。

 

最初に投稿していた動画がこちらです。

 

当時について関係者は、

スタジオを借りるお金がなかったんでしょう。家の中ではかろうじて音響のよい風呂場を閉め切って、当時流行っていた椎名林檎さんなど、主にJ-POPの人気曲をカバー。その動画を個人名義のSNSにせっせとアップし続けていました

2019年10月 週刊女性PRIME

とコメントしています。

この頃は楽曲の歌唱、演奏、動画の撮影、編集などすべてをひとりで行っていたようです。

 

2016年にメジャーデビューを果たすまでに100本以上の動画を配信し、

総再生回数4400万回と驚異的な実績を作り上げています。

 

その時に本職があったのかYouTubeのみで生活を立てていたのかはわかりませんが、

コツコツ続けてきた努力が実り、その才能が世の中に知られるようになったのですね!

 

デビューのきっかけ

デビューのきっかけはback numberのカバー動画をみたマネージャーからのスカウトだったようです。

2016年4月に『星の中の君』でメジャーデビューを果たします。

所属事務所はイドエンターテイメント、

レコード会社はソニー・ミュージックエンターテインメントです。

 

スポンサーリンク

キムタクに楽曲提供していた!

Uru(ウル)さんは、2020年1月8日にリリースされた木村拓哉さんのアルバム「Go with the Flow」に収録されている

「サンセットベンチ」

「I wanna say I love you」

2曲を楽曲提供しています。

 

アルバム制作期間中は、音源のやりとりをしていたものの対面で会ったことはなかったようですが

アルバムの発売に先駆けラジオ番組「木村拓哉 Flow」(TOKYOFM他)にUruさんが登場し、

この時初対面となりました!

 

トークの中では、Uru(ウル)さんの存在を木村さんが知ったきっかけなどが語られました。

木村さんがUru(ウル)さんを知ったのはドラマ「HERO」の撮影中、

共演者の小日向文世さんからUru(ウル)さんが『夜空ノムコウ』のカバーをしている動画を

「これ、すごく良くない?」

と見せてきたそうです。

その後Uru(ウル)さんのことが気になった木村さんはUru(ウル)さんのYouTubeを検索して全て視聴したそうです。

そんなきっかけから始まったこの楽曲提供ですが、

Uru(ウル)さんは実際に木村さんに会うまでどこか信じられなかったんだとか。

ラジオ番中もリスナーに伝わるくらい緊張していたそうです。

 

ドラマ・アニメ主題歌一覧

Uru(ウル)さんは数多くのドラマやアニメの主題歌を歌っています。

それぞれまとめました。

ドラマ主題歌

娘より MBS開局65周年記念の新春ドラマ特別企画『しあわせの記憶』主題歌

しあわせの詩 『フランケンシュタインの恋』挿入歌

奇蹟  『コウノドリ 命についてのすべてのこと 』第2シリーズ主題歌

追憶のふたり 『悪と仮面のルール』主題歌

プロローグ 『中学聖日記』主題歌

あなたがいることで 『テセウスの船』主題歌

振り子 『罪の声』主題歌

 

アニメ主題歌

フリージア 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第2期エンディングテーマ

remember  『劇場版 夏目友人帳〜うつせみに結ぶ〜』主題歌

願い 『グランベルム』エンディングテーマ

Break 『半妖の夜叉姫』主題歌

 

スポンサーリンク

まとめ

・1984年生まれ、新潟県三条市出身

・2012年6月頃からアマチュアバンド「JUNO CLOVER」でボーカルとして活動

・2013年「JUNO CLOVER」を脱退、YouTube配信を開始

・2016年4月メジャーデビュー

・2019年木村拓哉さんに楽曲提供

・2020年レコード大賞で特別賞を受賞

 

今後もUri(ウル)さんの活躍が楽しみですね!

スポンサーリンク