【画像】水彩画の女王・光宗薫の作品一覧!プレバト満点「麒麟」の絵も!

光宗薫

元AKB48の光宗薫さん(27)の水彩画作品が話題となっています。

光宗薫さんは普段はボールペン画を描いていて、個展を開くほどの実力ですが、テレビ番組「プレバト!!」で披露した水彩画もかなりの実力のようです。

特に「麒麟」という作品は満点を獲得し、ネット上でも話題になりました。

そんな光宗薫さんの初期の作品から2021年現在の作品まで、画像をまとめて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

【画像】水彩画の女王・光宗薫の作品一覧

光宗薫

テレビ番組「プレバト!!」は、芸能人の作品をプロの先生たちが査定し格付けを行う番組です。

光宗薫さんはこの番組で水彩画に挑戦します。

審査員を驚かせる作品を次々に発表し、ついに満点を獲得し水彩画の女王と呼ばれるようになりました。

過去の作品から見ていくと、どんどんレベルアップしているのがわかります。

順番に見ていきましょう!

 

プレバト特待生に昇格(2016年)

作品名「第一京浜の先」

光宗薫の絵

細かすぎてびっくりです!

光宗薫さんは普段ボールペン画を描いているので、このような精密な絵は得意分野ですね。

水彩画らしい背景の色使いも綺麗です。

 

この作品で光宗薫さんは特待生に昇格しました。

この作品でプロの先生に、「鳥肌がたった」とまで言わせたそうです。

 

特待生5級から3級に昇格

作品名「蝉が鳴く」

光宗薫の絵

この作品で特待生5級から3級に、一気に2ランク昇格しました。

この作品も査定する先生達を驚かせました。

 

特待生3級(昇格なし)

作品名「都会の白鳥」

光宗薫の絵

この作品では残念ながら昇格はなく、現状維持となりました。

 

特待生3級から2級に昇格

作品名「バキバキ」

光宗薫の絵

この絵もかなり細かいです。

 

特待生2級

作品名「ゆっくり生きる」

光宗薫の絵

動物の絵もすごくリアルですね!

 

特待生1級(2017年・昇格なし)

作品名「夕日と海」

夕日と海の絵

この作品では現状維持となりました。

昇格を逃した理由は「光の表現がしきれていない」事だそうです。

 

特待生1級から名人初段へ昇格

作品名「都会道中」

都会道中の絵

この絵で名人初段へと昇格しました。

くっきりはっきりしていて、今までと画風が違う感じですね。

先生からは「きれい、爽やか」と絶賛されていました。

 

プレバト満点を獲得(2020年)

作品名「麒麟」

麒麟像の絵

この絵は「凄すぎる」とネット上でもかなり話題になりました。

テーマとなっていた日本橋の麒麟像がこちらです。

麒麟像

査定する先生も驚いたこの作品で、満点を獲得しました。

光宗薫さんは番組終了後、

「テーマが好みの雰囲気だったので運が良かった」

とコメントしていました。

確かに光宗薫さんが普段描いているボールペン画に、雰囲気が似ている気がします。

 

名人3段へ昇格(2021年1月)

作品名「夜景」

夜景の絵

この作品で名人3段に昇格しました。

こんな絵が描けるなんて凄すぎますよね!

 

初期の作品も凄いのですが、年々作品の迫力が増していると思いました。

絵のテイストもそれぞれ違って面白いです。

スポンサーリンク

まとめ

光宗薫さんのプレバト水彩画作品の一覧をみていきました。

満点を獲得した「麒麟」の絵は本当にすごいとしか言いようがないですね!

水彩画の女王と呼ばれるのも肯けます。

次はどんな作品が見られるのか楽しみです。

スポンサーリンク