【激レアさん】出演のおぎぬまXは断食と山籠りで29年ぶりの赤塚賞入選!

 2020年3月7日(土)放送『激レアさんを連れてきた。』の今回の「激レアさん」は、29年ぶりの赤塚賞入選者らしいので調べたところ、おぎぬまX(本名:荻沼 竜太)さんであることがわかりました。

『山籠り、断食などハチャメチャな修業をした結果、ギャグ漫画家の登竜門・赤塚賞で29年ぶりの入選者になっちゃった人』

との紹介が気になったので荻沼Xさんと赤塚賞、受賞作品について調べてみました!

スポンサーリンク

「激レアさん」荻沼Xのプロフィール

荻沼Xさんは元お笑い芸人で、人力舎のお笑いスクールJCAの19期生でした。

卒業後はプロダクション人力舎で3年ほど活動し、退社後2017年からフリーの漫画家として活動を始められました。

2017年からということは、2020年の今年で4年目なので漫画家歴はそこまで長くないのですね。

それなのに賞を受賞とは相当すごいことなのだと思います。

ですがこの漫画家に転身された2017年から漫画を描くため、

4コマを100本描くまで山籠もり

4コマ100本描くまで断食

などの修行に励まれたそうです。

4コマ100本描くのにどれだけの時間がかかるのかはわかりませんが、少なくとも1週間はかかるのではないでしょうか。

「1週間山籠り」「1週間断食」と考えるとかなり辛いですね・・

かなりストイックな性格だと言えそうです。

赤塚賞とは?

赤塚賞は集英社によるギャグマンガを対象とした新人賞で、手塚賞からギャグ漫画の部分を独立させた賞です。

昭和49年から始まり、年に2回行われています。

昭和49年〜令和元年までの間で入選受賞者はなんと、荻沼Xさんを入れて6人だけでした。

佳作と準入選は数多く受賞者がいるのですが、この6人という数字を見ると入選がいかに難しいのかが伺えます。

前回の入選受賞は平成2年だったので、荻沼Xさんの入選は29年ぶりとなります。

審査が厳しくなっているのかわかりませんが、令和初の受賞にもなりとてもおめでたいですね!

29年ぶりの赤塚賞受賞作は「だるまさんがころんだ時空伝」

 

2019年12月、第91回赤塚賞入選が荻沼Xさんの「だるまさんがころんだ時空伝」です。

2020年2月4日発売のジャンプスクエア3月号(集英社)に掲載されました。

荻沼Xさんの作品は画像の通り、ゆるいタッチがなんとも言えません(笑)

内容は、空き地で「だるまさんがころんだ」をしているとどんどん時空を超えていく・・

という、絵とは裏腹にダイナミックなストーリーです!

審査員や読者からは、

参りました。まさかここまでとは…

シュールな短編映画のよう。たった15Pとは思えないほど深い

展開に驚きがあって飽きさせないし、キャラの表情も面白かった

とのコメントが寄せられています。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「激レアさん」荻沼Xさんについてまとめてみました。

今後の作品にも期待です!

スポンサーリンク