ブリリアン・コージ(徳田浩至)のアメフトポジションはどこ?

人気お笑いコンビ「ブリリアン」のコージ(徳田浩至)さん(32)が、2020年2月23日にツイッターで10年ぶりとなるアメフト復帰宣言をされました。

復帰ということで、コージさんの今までのアメフト歴やポジションを調査しました。

スポンサーリンク

ブリリアン・コージのアメフト歴

ブリリアン・コージさんは法政大学アメフト部に所属していました。

大学1年生の時(2006年度)に甲子園ボウルで勝利し、大学日本一となっています。

大学4年生の時には部員全員の投票により主将を務めました。

背番号は大学1年生の時は「92」、大学2〜4年生の時は「44」でした。

トッププレイヤーとして活躍されたブリリアン・コージさんですが、アメフト選手としての自分の能力に限界を感じ、社会人リーグには進みませんでした。

就職活動をし内定を何社ももらったそうですが、「先が見えてしまうな」と思い全て蹴ったようです。

そして「甲子園での感動を再び味わいたい」という気持ちから、お笑い芸人を目指すことになったそうです。

 

ブリリアン・コージのアメフトポジションはどこ?

大学時代のブリリアン・コージさんのポジションは、DE(ディフェンシブエンド)という守備ラインのポジションでした。

ディフェンシブエンドとは

ディフェンシブエンド(Defensive end, DE) は、ディフェンシブラインのうち、ディフェンシブタックルの外側に位置するポジション。

ランプレイの際は、インサイドからオフタックル(オフェンスタックルの外側)に向ってきたランニングバックを担当する。パスプレイの際は、クォーターバックにパスラッシュをかけることが役割となる。そのため選手には、体が大きいだけではなく瞬発力とスピードが要求される

強烈なラッシュで相手選手をなぎ倒すポジションで、現役時代の体重は現在より12キロ以上も重い94キロあったそうです。

 

アメフト復帰後のポジションは?

アメフト復帰宣言をされたブリリアン・コージさんですが、どのチームに所属するかやポジションなど具体的なことはまだ発表されていませんでした。

10年のブランクは相当に大きく、社会人『Xリーグ』のトップリーグであるX1のチームに入るのはほぼ絶望的と言われています。

ですので下位リーグの『X2』や『X3』のチーム入りを目指すものと思われます。

現在の体格では社会人リーグでプレーするには厳しいようなので、まずは増量から始められるようです。

スポンサーリンク

まとめ

面白くてイケメンだと人気のブリリアン・コージさん。

アメフトでの活躍も楽しみです!

スポンサーリンク